GLASS CONTAINERのあるライフスタイル

Pocket

atmos×GLASS CONTAINER

atmos BLUEで置いているGLASS CONTAINER。過去に生物学者が植物を入れて標本にしていた事をヒントにしているそうだ。
かつては吹きガラス製法という高度な技術で作られていたが、今では日本でも海外でも型に流し込み、大量生産大量消費。このグラスコンテナーはもちろん日本の職人が手掛けた吹きガラス製法。日本人は器用で細かいことをする。面白い商品ができる。
咲き誇る花は美しい。枯れている花も美しい。玄関や、部屋のインテリアとして置く。毎日見る。元気が出る。コーヒー豆や、角砂糖を入れることもできる。女性はインテリアにこだわる人が多い。男性はこだわりがない。考え方が違う、喧嘩をする。バランスをとるのが難しい。生産者と消費者も同じだ。需要と供給。

 

atmos BLUE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 3-22-6

TEL : 03-6434-5485

OPEN : 11:00 – 20:00